個別指導対策

個別指導は集金制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個別指導の目的は保険診療の「質的向上及び適正化」を図る、というものである。

表向きは。

しかし、よく考えてほしい、確認できるのはカルテ記載だけじゃないのか?

実際にどんな診療が行われたのかは、診療した当人以外、わからないんじゃないか?

チェックリストにも診療内容に関する チェック項目はない

つまり、診療内容はチェック対象ではない!

診療の「質的向上」は図れない

「質的向上及び適正化」の「質的向上」が有名無実なら残るのは

「適正化」( =医療費削減)のみ

チェックリストにはこの治療は不適切であったとか、例えばここはブリッジじゃなくて義歯の方が良いのではないか、といった治療内容に関するものはない。

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す